企業情報

原子力エネルギーに特化した機器とソリューション

防護 - 安全性 - 効率性

原子力エネルギーシステムの皆さまのパートナー

LaCalheneは、防護に特化した機器メーカーです。有害な環境において人を防護し、周辺の環境から製品を防護し、危険な製品から環境を防護します。

LaCalheneは、原子力産業において、有害な環境下での安全な作業条件、搬送および移送のための革新的で適切なソリューションを開発し、提供しています。1960年代から封じ込めのパイオニアであるLaCalheneは、研究者、メーカーおよび規制当局に対して自社の技術の品質を実証することにより、世界的な成長を遂げてきました。

フランス、パリの南西170 kmにあるヴァンドームにあるLaCalheneは、世界中で顧客から高く評価されています。また、原子力産業における5つの市場セグメントに機器類を提供しています。 

  • 核燃料製造 
  • 使用済み燃料再処理
  • 放射性医薬品
  • 研究所/大学/調査ユニット
  • 解体/廃炉/衛生化セクター

LaCalheneは、2005年にGetingeによって買収されました。このスウェーデンのグループは、ヘルスケアおよびライフサイエンス業界において、品質向上と費用対効果に貢献する製品およびシステムを提供する世界的なリーディングプロバイダーです。会社の詳細はこちらをご覧ください。

継続的サービスとテクニカルサポート

LaCalheneの中核事業は、オペレーターの安全と業務の効率を確保することです。  お客様の声に耳を傾け(フィードバック)、原子力産業の発展に伴う規制および基準を尊重し、品質管理基準を維持することにより、常に製品やサービスの改善に努めています。

設置、使用、認定

LaCalheneは、設計から製品のメンテナンスやサービスまで、総合的な専門知識を提供します。当社の専門家が、設置計画や制約を入念に調査して策定し、承認された品質基準に従って、納入前の製品をひとつひとつ検査します。

未来へ向けたイノベーション

LaCalheneは、自社製品が原子力業界の極度に厳しい安全要件を満たしていることを保証し、将来に向けた製品を準備するために研究開発に投資しています。

安全上の制約は、将来的にはより厳しいものとなるでしょう(耐震基準、国際輸送規制など)。

Getinge LaCalheneは、以下の団体に所属しています。